平成17年 静岡・藤枝の普門寺編

2005’6.3 撮影

従姉妹のご主人が亡くなった。
葬儀は、藤枝市の瀬戸ノ谷。
初めて行くその寺は、
いくつもの石段を登る、山の上に
ありました。
寺の名は、臨済宗 普門寺。


石段の途中には、自然に蛍袋も
生えていました。 
 お式までしばらく時間が。
 何気なく池のある庭を眺めていると、
 どこかで聞いたようなカエルの鳴き声。
 もしかして モリアオガエル?
 庭に降りて見ると、
 池の周りの皐の木や高い木に、
 あの例のアワアワ卵が 有った有った!
   葬式参列に来たのですから 
デジカメは持ってきていません。
やむなく 携帯のカメラでパチリ。
そこへ住職が見えて、
話してくださいました。
 モリアオガエルが戻って来るようになって
 4年くらいだそうな。
 聞くと、木々の消毒をやめてかららしい。
 後ろに高い山を控え、静かで
 いい場所だものね。

 以前、この寺から見下ろす田んぼには、
 蛍の乱舞が見られたそうだが、
 コンクリートで川を固めてからは、
 蛍もめっきり減ったそうな。

 自然が減る時代、
 モリアオガエルが住める寺は、
 貴重ですね。
 住職さん 自然維持 頑張ってね。

  
 

モリアオガエルTOPへ