水ようかん の 作り方



器 : 陶器が速く冷えて、見栄えがいいかな?


   作り方は料理の本に載ってますが、分量のところは私の試行錯誤の末の自信作です。
   柔らかくて、甘さ ほどほどです。

材 料

(15個)
作り方1 の 材料 あずき    350g
砂 糖    300g (おすすめ てんさい糖)
塩       少々
作り方2 の 材料 寒天     1本 マイナス2cm ← ここがミソ   
砂糖     80g
塩        ごく少々

作り方1

こしあんを作る。 1  あずきは洗って、たっぷりの水に一晩つけてから火にかけ、
   沸騰したら汁を捨てて、新しい水に替えては再沸騰させ、
   これを3回ほど繰り返して、十分 に柔らかくなるまで煮る。
2  @を下から順に、ボール・さらしの袋・ざるの順にセットし、
   たっぷりの水を使いながら洗うようにザルでこして皮を除き、
   さらしの袋に受けて絞る。 (これが生あん)
3  Aを鍋に入れ火にかけ、砂糖と塩を加えて練り上げ、 鍋肌から
   離れるようになったら、こしあんのできあがり。
       ※水ようかんの場合、練り上げ省略可
作り方2 水ようかんを作る。 1  寒天はちぎり手早く洗って、水につけておく。
2  @を固く絞って鍋に入れ、700tの水を加えて火にかけ煮溶かす。
3  Aが沸騰したら砂糖と塩を加え再び沸騰したら、 こしあんをいれる。
4  また沸騰したら、ボウルに裏こし器を使ってこし、ボウルの下に水を
   当てて、 50度まであんが沈んで分離しないよう々かき混ぜながら
   冷ます。
5  流し箱やカップや陶器等にCを流し入れ、冷やし固める。

   
       ※ 手抜きをしたければ、圧力鍋であずきを煮る方法もあるけれど…………
       ※ もしかしたら、買った方が速いかも、でも冬には絶対売ってないからね。
       ※ 砂糖入りのこしあん700グラムから始めたら、もっと簡単。 


はじめましてへ戻る

目次へ