2004.1.17−18

ネットの友との電話でのおしゃべりついでに、
降ってわいたような別所温泉行き。
前々から計画し、その日を楽しみに待つ旅もいいけれど、
今度みたいに、あっという間に決まる旅もまたいいね。

前の晩息子が、「あしたは大雪だって知ってるか?」
ふふ ニュースで知ってるよ。だからラッキー。
いつも白馬などへ車でスキーに行く彼は、心配するわけだけど、
わたしたちは新幹線だからね。
朝、同行の友のお迎えの車で7時半頃出発。
いつもの年だと春を告げる2月に1.2回積もるか積もらない高草山が、
なんと薄っすら白い。てことは、予想通り信州は真っ白だよね。
自然のことだから期待は少しだったけど、うれしいな 雪景色。

暖ったか静岡、日常は着ない厚いコートに手袋。
はじめに寒いを感じたのは、東京駅のホームかな。
東京駅でもう一人と合流。携帯電話は便利だわぁ。
長野新幹線 あさま に乗り換え、いよいよ信州上田へ。
だんだんと風景が変わり、山にも雪が目立ち始めて。
さてさて、食い気第1弾。
軽井沢付近で車内販売の声についつられて、峠の釜飯 を。
朝ご飯がいい加減だったからまぁいいかっ て (^^ゞ
                           
始発積み込みとかで、熱々ではなかったけど、ごぼう風味もよろしく、
おいしかった。
どうなる お昼。入るかな。
10時57分着。
上田駅では、ネットの友が出迎えてくれ、さっそく上田城を散策。
こんな寒い冬は観光オフだよね。まるで貸し切り状態だった。
真新しい白い雪を踏みながら堀を一周。
しんと静かで いいね。
桜の時期のにぎわいもまたいいでしょうね。

                   
で、お昼。
おいしい 信州のお蕎麦 を食べました。
くるみ味噌を蕎麦つゆに入れて...こくがあっておいしかった。
   (ところで...釜飯食べてからどれだけ時間経っているのさ!)
 
わがまま第一号。
上田交通別所線に乗りたい。

わがままが実り、私たちはローカルな電車に乗れた。
運転手の友は別所駅で待っててくれることに。

       
              上田駅発 別所温泉ゆき


                
              今は現役を退き展示されている 丸窓電車
 長野県上田市の別所温泉へ着
先ず 宿 七草の湯 で落ち着いて と。
後で聞いたことだけど、この宿はJTBで信州一番人気だって。
そんなに急によく取れたね って。
エレベーターの中の床も畳敷きで驚いた。
気配りがよく、気持ちがよかった。
一休みしてから、周りの寺散策に ゴー。

         
宿のすぐ脇が安楽寺の山門。
雪がちらほら。いい感じだねぇ。
国宝の安楽寺八角三重塔には程良く雪が積もり、
願ってもないシャッターチャンス。

                 

戻り道、アマチュアカメラマン風の人が三脚抱えて
登っていきました。
ふふ わたしたちは偶然でもこんなにいい日に来たのよっ(^_^)v
宿にも露天風呂付き温泉風呂があるけれど、
せっかくだから 外湯に行こう。

行きがけに、善光寺参りだけじゃ片手落ちと言われる 北向観音 も
お参りしてと。
                      
         北向観音の境内にある かの有名な愛染桂 の木
そして−−−真田幸村の隠し湯と言われる 石湯へ。
あまり大きくはないけど、外湯のいい雰囲気でてました。
外は寒いし、湯冷めするかな と思いきや、
いつまでもポカポカだったよ。
もちろん 宿の露天風呂へも。
なんと51.3度という本物温泉、ちょっと硫黄の香りもして いいわぁ。

宿のごちそうは、夜も朝もおいしかった。また来たい。
一夜明けて →

小さな旅 TOP