ちいさな旅 bP

川口湖 山中湖 (97’9/6)

河口湖近くの野外ステージでの「宗次郎 コンサート」に誘われました。
ついでにと言うことで、山中湖 河口湖 辺りをぶらぶらしました。



朝8時半、東名が苦手な相棒の運転で、国1バイバスを行くことになりました。
「なんにゃかまわずまっすぐ行きゃあいいだよ」の彼女の言葉通り、
国1から河口湖まで、交差点を直角に曲がったのはただの2回だけ。

平日だと、宇津の谷トンネルも丸子の静清バイバス入り口も、すっごく混むだけど、
以外やすんなり。139に入ってからも、スイスイ。
家の息子の言うことに、「混むぞ、東名行った方がいいぞ」は何だったんでしょうか?日曜日だというのに。

白糸の滝を過ぎ、途中「まかいの牧場」、わたし牛乳買いたかったんだけど、
相棒の言うことに、「静岡の長田牛乳の方がよっぽどおいしい」の一言で通過。
朝霧高原には、牛が放牧されていて、「写真撮りたい」って言ったけど、
脇に止まれるとこ探す内に牛もいなくなり...あぁあデジカメ持ってきたのにな と私。

本栖湖、上九一色村、青木ヶ原樹海を通り抜け、風穴氷穴辺りで、
焼きたてとうもろこしを見つけ、ちょっと休憩。炭焼きのいい香りにつられ1本買う。
甘いけど、少々実り過ぎの感。もうちょっとみるきゃいいのにな。
時間は10時半。お昼少しずらせばいかな。けっこうお腹いっぱい。

宗次郎のコンサート会場、「河口湖ステラシアター」の駐車場を下見。
それから川口湖畔へ行くつもりが、どういう訳か山中湖へ行ってしまった。
「まぁいいか、順序逆になっただけだから」と二人。

早速、kuni92さんに教えていただいた「山中湖 花の都」へ。
ここは一発。道路挟んで、コスモス ひまわり 蕎麦の花 など、惜しげもない広さで咲いていました。
富士山はすこし雲がかかっていました。ここではデジカメ活躍しました。

これもkuni92さんおすすめの「巨峰アイス」を食べました。
ほんのり巨峰の香りして、、、おいしがったです。難は、少々とけるの早かったこと。
  (ところで、静岡の岡部の「玉露アイス」も美味しかったよ。)

とうもろこしとアイスを食べたのでお腹空いてなく、お昼は抜き と言うことで、一致。

河口湖へ戻ることにしました。「来た道だから」簡単に思ったのが間違いの始まり。
曲がるのちょっと早すぎて、なんと中央自動車道へ乗ってしまいましたぁ。
降りるとこなく、大月から勝沼まで走ってしまいました。
「誰にも言わなっこしようね」と二人。それにしても4キロ越えるトンネルは長かったね。
日本坂トンネル事故の記憶もまだ消えず、やな気分でした。
後で息子に言うと「あの道は80キロだぞ、解ってた?ゆるいカーブばっかで
けっこうあぶないだぞ」てすって!

次、川口湖畔の「河口湖ミューズ館」で 「与 勇輝」の人形を見ました。
いわさきちひろさんの絵を思い出させる、いい人形でした。
なんと、わらぞうりもご自分で編むんですって。

次、「河口湖大橋」を渡り、辻が花の「久保田一竹記念館」へ。
石を使った不思議な建物の中にありました。うわさどおり、手の混んだ見事な
しぼりでした。

庭に出て、涼んでいたら、とんぼが百合に泊まっていたので、パチリ。
ほんとは、端っこに 水を蒔いてる一竹さんが写っていたんですよ、カットしましたが。
広い庭には つりふねそう が咲いていました。

会場5時、開演6時なので、夕食にしよう ってことになりました。
まわりは「ほうとう」のお店ばかりです。相棒がほうとうは苦手と言うので、
山梨へ来てまでとお思いでしょうが、「焼き肉」にしました。
昼抜きなので、いいところを注文しました。トッテモ 美味しかったです。

で、5時半ころになったので、会場へ。

野外ステージ「河口湖ステラシアター」は、バックに富士山が見え、
とっても気に入りました。暗くなるにつれ、富士山には山小屋の灯りが
チラチラ。贅沢な借景でした。

ひょうひようと「宗次郎」さんが現れました。話っぷりもひょうひょう。
コンサート中、ポツリと、ほんとにポツリと一雨降っただけで、よかったです。
アンコールでは、マイク無しでバイオリンとビオラ付きで演奏してくれました。
これが一番の印象でした。みんなシーン でした。

帰り道、暗い青木ヶ原樹海も朝霧高原もちょっと不気味でしたが、
10時前に何とか無事に家につきました。


小さな旅TOPへ戻る

目次へ