ちいさな旅 2

97’11.22〜11.23


ここP1 P2 P3 P4 P5 P6

1日目(11月22日) 清滝 保津峡 編

友達3人、「京都の紅葉見に行きたいね、あの思い出の清滝もね。」
実は私たち、数年前新緑の清滝へ行って、あまりの新緑のすばらしさに、
「いつかきっと秋に来たいね。」と話していました。

夏頃だったかしら、インターネットの伝言板で、何気なし
「秋に京都へ行きます。」って書き込んだら、
「宿が決まってなかったら、いいところありますよ。」って、
有賀和尚さんが南禅寺会館を世話してくださいました。

空きは11月では15日と22日とのこと。
連休の真っ直中、混むだろうな?でも紅葉はきっと一番の見頃だしな?
昨年は母と娘と3人で17日にいったけど、まだまだ緑が勝ってたからね。
インターネットで京都紅葉情報を調べる。
11月22日に予約する事にしました。
きっと大混雑だからね ってことで、早め早めの行動とることにして、
新幹線静岡朝6時に、帰りは4時44分のひかりの指定を取ることにしました。
     
           (これが今回の旅の大成功の始まりでした。)
いよいよ当日の朝です。こんなに早く起きることは滅多ありません。心配しましたねぇ。
でも何とか目覚ましの世話にもならずに。
焼津で乗るのは私ともう一人。5時20分に彼女がお迎えに来てくれました。
静岡駅の東海道線と新幹線とは4分しかない。大丈夫かな?案の定、新幹線の改札2カ所あるのを
すっかり忘れ、ぎりぎりにもう一人と合流しました。あぶなかったねぇ、
次は50分待たなきゃだったからね。ベルを聞きながら飛び乗りました。
           ”駆け込み乗車はいけません”
何はともあれ、無事出発!
「朝早かったから、眠っていこう」なんてとんでもございません。
おしゃべりしながらで、あっという間に京都につきました。8時10分です。
いつもならここでタクシー。でも今日はちょっと違います。
知っている方みなさん、「道路は混むから電車を使いなさい」って!
山陰線嵯峨駅まで電車でいくことにしました。
これもあっという間に嵯峨駅着!8時30分でした。
ここでタクシーを拾う。運転手さんちょっと年輩かな?
でも、この運転手さんも当たりでしたね。次の日もお願いすることになるんですから...。
私たちすかさず  「清滝へ!」
運転手さん    「どうして?」
私たち       「思い出があるんです! 数年前同級生みんなで来たとこなんです」
運転手さん    「そう。どうしてかと思いましたよ」

言うはず、嵯峨野 高尾三尾と違い、かなりさびれていますから。
でも、ここは昔の栄華の後がそこここにうかがえる、
古い宿場町なんですよ、愛宕さん詣での。

すこし紅葉はピークを過ぎてました。でも、バスが苦労してUターンしたところや
「かぎや」「ますや」の古いたたずまい。赤い欄干の橋も、
み〜んなあの時のまんまです。
思い出し笑いもし、しばし想いでにふけりました。
くぐった狭いトンネルをもどり、時間もまだ早いので神護寺まで
行くことにしました。
途中、錦雲渓の展望台へ立ち寄り、しばし景色を眺める。
運転手さんの言うことに 「お客さん早いからここ貸し切り状態だね、
                  もうすこしするとすごい人出になるよ」 って。
すこしけむってましたが、すばらしい眺めでした。
小雨が降ってましたが、満足でした。
目をすかすと、保津川下りの舟が水を分けてゆっくり下ってきました。
まるで水墨画の様でした。
ピーク過ぎた紅葉も、遠目ではすばらしかったです。

右のもデジカメで撮りました。けっこういいでしょ!
一眼レフもリバーサルフィルムも持っていったのにね、活躍できませんでした。
荷物になるからって三脚やめたので。

次ページへ

小さな旅TOPへ戻る

目次へ