ちいさな旅 2



P1 P2 P3 P4 P5 P6 

2日目(11月23日) わらべ地蔵の個展 編

同じ藤枝出身在住の石彫家 杉村 孝さんの
年に一度の一般公開の「わらべ地蔵」を見に
行くことにしました。

昨夜、偶然同じ宿だったんです。
見せていただく約束をしました。
年に一度、そんな日に京都にこれて幸運です。

場所は南禅寺の山門へ向かう入り口の筋向かい。
右の案内が立っています。牧護庵 です。
かわいい地蔵さんが、ちょこんと座ってます。
塀の向こうに「とり安」の看板が見えました。
わかりやすい場所です。

門をくくると、たくさんのわらべ地蔵さんが
散り紅葉にかざられて
あちこちに座っていました。

京都の庭にとても馴染んでいました。
前々からこの「わらべ地蔵」をホームページで
紹介したかったので思いきってお願いしてみました。


   「地元の小学校中学校やお寺にある作品を
   ホームページで紹介したいんだけど...
   著作権のこともあるし...。」
杉村氏
「いいよ」

私   「わ〜うれしい」

こういう成り行きで、晴れてOKをいただきました。
バンザイ!
わたしも数年前に一人(というのかな?)
手に入れたんですよ。

これもほんとに不思議な縁ですが、
大興寺有賀和尚さんの
お寺にも一体 所有してるそうです。
先代の和尚さんが、京都から福知山まで、
大事に抱えて帰ったそうです。
また公開してくださいね、和尚さん。
気軽にサインに応じてくださる杉村氏。
                庵の入り口で。

中では横笛の演奏や法話もありました。
強制ストロボ忘れました。
でも、紅葉もちゃんと写っているし...。

さて、忙しくなるね。
あちこちの作品撮りにまわらなくっちゃ!
乞うご期待!

       「わらべ地蔵」のページはこちら

次ページへ

小さな旅TOPへ戻る

目次へ