万葉集巻三 より

   春日蔵首老  (かすがのくらびとおゆ) 

   

 (読み方)

  やきつべに
    わがいきしかば するがなる
   あべのいちぢに  あいしこらはも
 
  「かって焼津に私が行った時、
   阿部の市へ向かう道で逢った
   娘たちがいたが、今頃どうして
    いることだろうな......」
 
  

東海道弥次喜多道中へ戻る

目次へ